現役時代の三つの宿題
私は2007年にリタイヤしました。退職時に三つの開発途中の宿題が残りました。
一つ目は、雨の日でもリムをしっかりグリップする「全天候型車いす用手袋」
二つ目は、「ロフストランドクラッチ用衝撃吸収手袋」
三つ目は、「脳性麻痺児童のリハビリ時の姿勢保持補助具」
 退職の挨拶にお伺いしたときに姿勢保持補助具の開発を希望された長野こども病院の先生が「この器具が出来上がると子供達に新たな可能性が生まれます。開発を続けてください」と要望されました。
東急ハンズに材料を探しに行き細々と開発を続け、千葉から信州に試作品を届けに何回も往復しました。
 試作品が出来上がると「良く改良が進みました。もう少しで完成しますね」とおっしゃりなが らハードルは段々高くなっていきました。
 そんな先生のお褒めの言葉が励みになり開発を続け、開発に行き詰まると、周囲の友達がアイデアを出してくれ、ほぼ先生の希望に適う試作品が出来上がりました。2年半が経過してました。

一つ売れたら一人の喜び、二つ売れたら二人の喜び。喜びの声が第二の人生の生きがい
 試作品を使ってくださった専門の先生から「すばらしい結果が出ています。ぜひ商品化して販売してください」との要望をいただき意を強くしていたところ、同じようなお声をあちこちからいただくようになりました。
 そこで思い切ってこの度「エヌワイ ヘルスケア」という会社を設立することに致しました。
 私には国から給料(年金)が出ています。これからは人のためにお役に立ちたい。
 一つ売れたら一人の喜び、二つ売れたら二人の喜び。お使い頂いた方々の喜びの声が、リタイアして第二の人生に入った私に生きがいを与えてくれるものと信じます。
 初期投資は給与無しで7〜8年で回収見込み。3年後の目標年商100万円の超スローライフな会社です。

オンリーワンの商品!!

 ハンディキャップを持った方からの切実な願いを聞いて開発した独自の商品です。

.「全天候型車いす用手袋」は車いすで通勤している方から「雨の日の車いす通勤が怖い。リムが濡れて滑り、特に坂道は恐怖です。又、手が汚れて不快です。雨の日でも、安全、安心、快適な車椅子用手袋が欲しい!」と言う声で開発しました。

.「ロフストランドクラッチ用衝撃吸収手袋」はクラッチを使い始めたお子さんのお母さんから「子供の手の平の皮がすりむけて痛々しい。手にも衝撃があり使っているのが痛々しくて見ていられない。手の平保護と衝撃を吸収する快適な保護具が欲しい」こんな切実な要望で開発しました。

.「上肢固定用姿勢保持補助具」は長野県立こども病院 リハビリテーション科の先生から「脳性麻痺児童のリハビリ時に、片方の上肢を固定するとリハビリの効果が上がります。コンパクトで、操作が簡単で、児童に恐怖感を与えない優しい感じの姿勢保持補助具が欲しい」
と言う要望にお応えする為に開発しました。


エヌワイ ヘルスケアの社名は?
 「N」は福祉関係へ携わるきっかけを作ってくれた現役時代の元部下に敬意を表してそのイニシャルから。
「Y」は私の名前のイニシャルです。
 もう一つの意味は車いす手袋の特許取得で苦心していた頃
「いつの日にかニューヨークの街角で、二人で開発した手袋をはめて車いすに載っている人を見かけるようになると良いね」と、夢を語り合ったことを思い出し、大きな夢を託して「NY(ニューヨーク)」にしました。

車椅子用手袋をお求めなら

車椅子手袋をお求めならエヌワイ ヘスルケアの通販へ。ハンディキャップを持った方々からの切実な願いを受け、独自に開発した車椅子用手袋は手首駆動用(ロング)、手の平駆動用(ショート)、5本指タイプなどをご用意しています。全天候型となり雨の日もおすすめです。その他にも、ロフストランドクラッチ用衝撃吸収手袋、上肢固定用姿勢保持補助具などがございます。クラッチを使うと、手のひらの皮がむけるということがあります。そんな悩みを持った方々の要望から開発したのが、手の平を保護し、衝撃を吸収する手袋です。歩行をサポートする様々な商品を扱っていますので、ぜひご利用ください。